コーディングを勉強するのに役立つサイト

パソコンの画面

サイト作成をするさいに欠かせないのがコーディングと呼ばれる作業です。コーディングは、仕様書通りにプログラミング言語に置き換えることを意味します。通常、プログラミングでは設計から組み立てまで一貫して行いますがコーディングは、仕様書通りにプログラムを作ることになります。いずれにしても目的のサイトを作ることも、コーディングのひとつであり、これを行うためには用意した仕様書を読み、その仕様書が目指すべきコードを記述するためのスキルが必要です。内容としてはHTMLの記述であったりCSSやPHPといったものまでその範囲は幅広いものです。

コーディングを行える人の需要は高く、そのための学習サイトも多く存在しています。初心者が学ぶべきものから高度な技術を学べるところまでさまざまですが、習得しやすいように工夫しているところがほとんどです。コーディングを勉強するのに役立つサイトは多くありますが、HTMLであればMOZERやProgate、CODEPREPがあります。特にMOZERはキャラクターを使ってストーリー仕立ての学習をすることができ、HTMLとCSSといったサイトを作成するための言語の基礎技術を得ることができます。
Progateは、初級・中級・上級の3段階が用意されており、習得しやすいように画面の左側に課題とヒント、中央にファイル管理とコーディング、右にプレビューと正解といった画面構成となっているので独学でも学びやすい工夫がされています。MOZERとProgateは有料ですが、CODEPREPは無料で利用できるのが特徴で、HTMLの起訴からCSS、Javascriptを学ぶことができます。これらはトレースしながら学ぶことができるので、効率が良いというメリットがあります。
また少し変わったところではpaizaやSchooやドットインストールがあります。paizaは、ブラウザ上でコードを書き実行することができるので、独自の開発環境を用意することなく学ぶことができ、Schooやドットインストールは動画によってさまざまな授業を行っており、そのコンテンツにコーディングが用意されています。

プログラミングそのものは独学でも学ぶことができますが、独学では開発環境を自力で用意しなければなりません。単なるテキストエディタでは効率よく学べませんからテキストエディタではなく統合的な開発環境であることが重要です。それらを得るためにはさまざまなコンピューターに対する知識も必要になります。ですから、それらの点を勉強できるサイトで、教材を見ながらトレースするという方法で効率よく学ぶことをおすすします。そうすれば、スキルを身につけることができ、自分でコーディングが行えるようになるっていくでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧