サーバーをレンタルしよう

オレンジと青いカーソル

サイトやブログは、専門に貸し出しているところも多くありますが、その場合には無料では広告が表示されますし、場合によってはアフィリエイトが禁止されていることもあります。このためアフィリエイトで稼ぐことを考えているのであれば、サーバーをレンタルして、自身で作り上げることが必要です。初心者にはやや難易度の高いことですが、サーバーをレンタルすること自体は誰でも簡単に行うことができますし、初心者でも利用しやすいような工夫がされています。サーバーを提供しているレンタル会社は数多くあり、海外のサイトも選択肢の一つですが、日本語に対応していない場合や支払いに関してトラブルになる可能性がありますので注意が必要です。もし利用するのであれば国内のレンタルサーバーが無難です。

国内のレンタルサーバーとしての有名どころは、さくらのレンタルサーバや、エックスサーバー、ロリポップやお名前.comがおすすめです。それぞれサーバーを利用させてくれるということに変わりはありませんが提供されるサービスは微妙に異なります。このため比較することが大事ですが、ここで紹介しているレンタルサーバーはいずれもWordPressが使えます。

さくらのレンタルサーバは、SAKURAinternetが運営しているWordPress向けのレンタルサーバーです。SAKURAinternetは東証一部に上場している企業ですから安心して利用することができます。また国内のレンタルサーバーとしては老舗ですし、インフラや安全面で優れているのでおすすめです。
一方でロリポップも老舗になりますが、ややインフラの整備で劣るところがあり、その点でエックスサーバーの方が強みがあるといえます。特にWordPressでは、ディスク容量だけでなく処理能力も必要で、安価なサービスではその点で性能が劣ります。アクセス数が少ない間は、あまり気になりませんが、規模が大きくなるとネックになる可能性があります。
お名前.comはもともとはドメインを扱うサービスを展開していますが、レンタルサーバーのサービスも行っています。比較するとその他のものと比べてやや弱いですが、ドメイン取得から優良中古ドメインの販売まで一貫しているのでおすすめです。
いずれにしても、利用するのではれば費用対効果を考えることが大切です。レンタル料金に対して十分な収益をあげられているのであればスペックの高いところのものを利用すると良いでしょう。